スマホ依存で急増するドライアイ

ドライアイ

ドライアイという言葉はすでにかなり浸透しているのではないでしょうか。眼乾燥症、乏涙症などともいわれるドライアイは、特にスマホに向かう時間が長い人には、注意しておきたい病気です。ドライアイの症状、治療法、予防法について知っておきましょう。

ドライアイって?

眼は、つぶっている時は皮膚に被われていますが、開けている時は粘膜がそのまま露出しています。

人間の身体は精密に出来ているもので、露出している粘膜をカバーするため少しづつ涙が分泌され、これが瞼から分泌される脂と混ざって常時角膜や結膜をやさしく保護しています。感情的になった時に出る涙とは違って絶えずじわじわと出ているのです。この水まきは瞼の瞬きが受け持っています。

ドライアイは何かの原因で、涙の生産が少なくなったり、蒸発が多くなったり、瞬きの回数が少なくなったりして起こるといわれています。原因はまだ特定されていません。

ドライアイの症状と治療、予防

主な症状

ドライアイの症状はさまざまです。疲れる、痛む、痒い、はっきり乾くともいわれます。これらの訴えは他の眼病でもある事ですから、眼科では検査をしながら、訴えを誘導しながら病名をしぼっていきます。

ドライアイの治療

涙が足りないのですから出来るだけ涙にちかい成分をもつ点眼薬をさして潤いを補います。ドライアイと診断されれば、コンタクトは出来れば使わないで下さい。点眼薬で快方にむかわず角膜に症状がでてくるような症例では、涙の流出する涙点を塞いで涙を逆流させ結膜嚢に貯めておく手術をすることもあります。

ドライアイの予防

日常の生活でいま自覚のある方もない方も、暖房冷房時には適度の湿度を室内に保つ事、テレビ、パソコンの使用時間を短くして下さい。お暇があれば湿度の高そうな郊外に出て下さい。涙と水とは成分が違いますので、眼をじゃあじゃあと水で洗うことはしないで下さい。

photo credit: Luz under cc

このasotkがおすすめ