正しい手洗い、うがい法

正しい手洗い、うがい法

手は外で様々なものに触れて想像以上に細菌に汚染されています。

家に帰って手を洗わずに夕飯を食べたりすると、外から持ち帰った細菌を口から取り入れてしまうことになります。手を洗い細菌類を洗い流すことは非常に効果的な風邪の予防方法です。

小さい頃に誰もが教わることですが、面倒くさいからといって適当に済ませてしまいがちの人もいるはずです。正しい手洗い方法をおさらいしておきましょう。

正しい手洗い法

  1. 手を水で濡らし石鹸を泡立てます。固形石鹸の場合は水ですすいで元に戻しておきます。
  2. 手の甲、手のひらから、親指、指の付け根、指と指の間をていねいに洗っていきます。
  3. 爪の隙間を注意して洗います。この時歯ブラシなどをつかって洗うと効果的です。
  4. さらに10秒から15秒以上もみ洗いをします。この作業が手についた細菌を洗い流すのに効果的です。
  5. 清潔なタオルで手を拭き乾かします。

のども手と同じように外の空気に直接さらされる部分です。のどの粘膜には驚く程の細菌が付着しています。のどには外から入る細菌を体の中に入らないようにする働きがあるためです。もともと細菌に強い部分なのですが、やはり外から持って帰って来た細菌を洗い流すことは大切です。

正しいうがい法

  1. うがいしやすい量(20ML程度)の水、またはうがい薬を希釈したものやお茶などをコップにとります。お茶には殺菌作用が有るので以外と効果的です。
  2. まず残った食べ物などを取り除く目的で、口に含んで強くうがいします。
  3. 上を向いてのどの奥まで液が回るように「あ」と「お」を繰り返し発声しながら、15秒間程度うがいを何度か行います。

photo credit: avlxyz via photopin cc