飛蚊症の原因

目の前に蚊が飛んでいる感じで、払っても払ってもなくならない飛蚊症(ひぶんしょう)。

飛蚊症とは

目にはいろいろの道具が揃っておりますが、一番大きな体積をもっているのが硝子体というピンポン球大の袋です。水晶体以外みなぺろぺろの膜様のものです。袋の中は、ゼリー状で、顕微鏡でみますと、その中に細かい繊維が網目状にあります。ゼリーは蛋白質と水分ですね。

それらの成分が老化してくると、水分と繊維があちらに片寄りこちらに片寄りします。これが網膜に影をおとして黒い蚊が飛んでいるようにみえるのです。これは生理的な老化現象であり、避けて通れないと思います。

やがて、後部硝子体剥離が起きることがあります。この時は蚊が飛ぶ感じではなく、ひらひらと目の中でものが動く感じです。後部硝子体剥離が安全におきていればここまでは大丈夫です。安全におきているかどうかを診るのは眼科のお医者さんの仕事です。

安全でないというのは、何等かの原因で硝子体膜と網膜が癒着している時硝子体が老化して縮みますと、網膜を引張って裂孔をつくり、そこから水がはいり、 網膜が剥がれてどんどんひろがり、網膜剥離がおきるのです。

網膜剥離は場所にもよりますが、早い段階ですと手術が可能です。 ほっておくと失明しますから、裂孔の診断は大切です。

眼の老化

40代にはいりますと、目は老化がはっきりしてきます。まず、読書用の眼鏡が必要になります。 この時を機会に、集団検診でなく一度眼科で精密検査を受けましょう。初期の緑内障などがみつかることがあります。

このこわーい病気は何のご挨拶もな くそろりそろりとやってきます。白内障もそろそろあるでしょう。でも、白内障は手術とレンズの発達でもう恐れなくてもよくなりましたね。

飛蚊症になったら

その次は「飛蚊症」のおきた時です。時間もかかりますが、ここで一度精密検査を受けられるとよいと思います。眼底の動脈の硬化など、たとえ血圧が高くなくとも、おきているものです。ゆっくりやってくる全身病も、生活習慣病の一端も窺う事が出来、今後の食生活、 日常の起臥の注意しっかり考えるチャンスとなるでしょう。

このasotkがおすすめ