知っておくべき生理痛の種類と解消法

生理痛の種類と解消法

月に一度女性を悩ます生理。お腹が痛かったり出血がひどかったり女性にとっては大問題です。男性にはあまり縁のないお話ですが、女性の気持ちを考えるためにも知っておくべきかもしれません。

生理痛の種類

生理痛は大きく2つに分けることができ、月経中に起きる「月経困難症」と月経前に起きる「月経前緊張症」に分けられます。月経困難症には腹痛・腰痛・頭痛・吐き気などの症状が見られ、 月経前緊張症には下腹部痛・腰痛・乳房の張りなどの症状が見られます。

月経困難症

月経困難症には子宮に病気がある場合とない場合があり、病気がある場合の症状を器質性月経困難症といいます。この場合は医師に相談することをお勧めします。また、病気がない場合の症状を機能性月経困難症と呼び、若い人に多くみられます。この場合、20代後半や30代になってから急に始まるということはまずないようです。もしそういう場合は病気が疑われますので医師に相談してください。

一般的に月経困難症は出産すると軽くなると言われています。その理由は、個人差はありますが膣の通りが良くなるからと言われています。

月経前緊張症

こちらは最近注目されるようになってきた月経前の痛みです。こちらも若い時期に見られますが、月経困難症より多少高齢でも起こります。これは高温期のホルモンの影響で、妊娠の可能性の有無に関わらず流産しないように働く仕組みです。疑似的妊娠初期状態が現れたと言ってもよいかもしれません。

生理痛の解消法

月経困難症、月経前緊張症ともに以下の方法があります。

体の冷えの予防

月経前と最中は下腹部の病気を併発しやすくなります。代表的なものが膀胱炎や便秘、下痢などです。それらの予防も兼ねて下半身は冷やさないようにしましょう。特に夏場の冷房などには十分注意してください。また、体の表面だけ温めてもあまり意味がありませんので体の芯から暖めてください。

脂肪摂取の制限

月経前は水分や脂肪分が溜まりやすい時期です。一般によく言われますが、ダイエットも思うように体重が落ちなくて困る時期です。この時期を先に述べたように疑似的妊娠状態と考えますと、「胎児の為に栄養分をため込む」という現象が起きるようです。ちなみに食欲の増える人も多いようです。また、「流産しない」ように腸の働きが鈍り便秘になりやすくなります。 これによって吹き出物が増えることもあります。

これらの症状を防ぐためには、月経前には脂肪分を控え、繊維質を多く取ることが求められます。しかし、月経が始まればある程度自由に食べることができるので、それまで少しの我慢ということになります。また、食欲が増えることとは逆の症状で、つわりのような症状が現れることもあります。 この場合は疲れがたまっている証拠ですのでゆっくりと休むことをお勧めします。

頭痛になる前に気づく

頭痛も人によって様々で、月経直前に傷む人、最中に傷む人、終わってから傷む人がいるようです。 また同じ人でも体調によって時期がずれやすい症状です。月経直前と最中は血の流れが下腹部に集中して脳に血液が回りにくくなります。そのため頭がボーっとしたりイライラしたりします。

また脳に足りない血液を補おうと体は無意識に首から脳にかけての血管を太くして頭に血を回そうとします。これが頭痛の原因になります。太くなった血管が回りの組織を圧迫するためです。

これに対処するために、頭痛が来る予感がしたら軽い体操で体をほぐしてみたり、ゆっくり体を休めてみたりしてください。体の血の巡りをよくすることが重要です。

生理痛には、はっきりした病気が原因のもの以外はこれといった治療法はありません。うまくお付き合いしていくことが肝心です。生理中の女性は痛みや出血だけでなく、頭がボーっとしたりイライラしたりします。女性とお付き合いしている男性からの優しい心のケアも生理痛の対処法の1つかもしれませんね。

photo credit: Beth Phillips via photopin cc

このasotkがおすすめ