室内でも危険!「熱中症」症状・予防・手当を徹底理解

室内でも危険!「熱中症」症状・予防・手当を徹底理解

まだ若いから大丈夫とか、暑いというのは精神力が弱いからだとかいうのは非常に危険な考え方です。スポーツ中や労働中、熱中症は死者が出る程恐ろしい症状なのです。

暑い日に長時間外にいたり、急に体を動かしたりすると、慣れていない身体がびっくりする上に、暑さと体温上昇とで熱中症になることがあります。熱中症には「熱痙攣」「熱疲労」「熱射病」があります。

熱中症の症状

熱中症とは、特に夏季など暑い環境で体温調節ができなくなることによって起こる症状の総称です。夏のように暑い季節になると気温が体温より高くなることで、皮膚の表面から空気中へ熱を出すことが難しくなります。この熱中症、実は室内でも起き得る症状なのです。

熱中症は以下の4つに区分されます。

熱失神

血管の拡張によって血圧が低下し、めまい・失神などがみられ、顔面蒼白となる

熱痙攣

大量に発汗した時に水だけしか補給せず血液の塩分濃度が低下して、足・腕・腹部に筋肉の痛みをともなった痙攣が起こる

熱疲労

大量の発汗によ り脱水症状が起こり、脱力感・倦怠感・めまいなどがみられる

熱射病

体温の上昇により中枢機能に異常をきたした状態で、意識障害が特徴

熱中症にかかりやすい条件

  • 体力の弱い人
  • 肥満の人
  • 体調不良者
  • 暑さに馴れていない人
  • 風邪などで発熱している人
  • 怪我や故障している人
  • 高齢者
  • 心疾患者
  • 高血圧の人
  • アルコール中毒の人
  • 糖尿病の人

熱中症対策

熱中症を予防するためには、以下の3点が大切です。

  • 暑い時に無理な運動をしない
  • 急に暑くなった時には暑さに体をならすために、弱い運動にする
  • 少しでも疲れたと感じたら、日の当たらない涼しい所で休む
  • のどが渇いていなくても、外にいるときはなるべく飲み物を飲む

熱中症の手当ての基本

万一、熱中症にかかってしまった場合の適切な処置は以下の通りです。

  • 熱失神や熱疲労の場合は涼しい場所で水分補給をしましょう。その際には衣服をゆるませ、足の下に物を置き、高くしておきましょう。
  • 熱痙攣の場合は生理食塩水を補給しましょう。
  • 熱射病の場合は首の後ろやわきの下、大腿部の付け根など、大きな血管のある部分をを冷やすことが大事です。全身に霧吹きのようなものでまんべんなく水をふきかけることも効果的となります。
  • 足を高くし、手足を末梢から中心部に向けてマッサージするのも有効です。

水分補給には、水だけでは体への吸収が悪いので、スポーツドリンクなどを利用しましょう。一緒に糖分もとれます。意識障害や吐き気がある時はなるべく早く病院に行き、診断と手当てを受けましょう。

photo credit: Sister72 via photopin cc

このasotkがおすすめ