老眼と老眼鏡~眼科医が解説~

老眼と老眼鏡~眼科医が解説~

40歳代になると日常生活の中で「こんなはずではなかった」と感じることが、肉体的にも、思考力、記憶力にも起こってくるものです。目の調節力も減弱し、新聞や本を読む近見視力も落ちてきます。さらに、水晶体の透明度もゆっくり悪くなり、眼底には高血圧の血管変化や糖尿病に起因する網膜出血などもみかけるようになってきます。

近くを見る視力の減弱(老視)と眼鏡について、眼科の先生の説明をご紹介します。

老眼とは

調節を休止し、力を入れずに遠くを見た状態で焦点が合っているもっとも遠い場所を遠点といい、最大限に力を入れてもっとも近くに焦点の合った場所を近点といいます。

この近点と遠点の間で自由に焦点を合わす力が調節力です。この調節力は年齢とともに急カーブで減弱していきます。

不足した調節力は近用眼鏡で補わなければなりません。特に生来遠視があり遠方視にも調節力を費やしている場合は、その分近点調節に使う調節力が年齢の割に少なくなっているため、一般の年齢より早く近用眼鏡(老眼鏡)が必要になってきます。

老眼鏡

「早くから老眼鏡をかければどんどん進行する」と思っている方もいるかもしれませんが、60歳くらいになれば調節力は0となり、それ以上は進行しません。むしろ、加速度のゆるい時期から使用すれば違和感のある期間が短く、スムースに眼鏡に慣れることができます。

老眼鏡をかけると本の字はよく見えるようになりますが、遠方焦点が合わなくなり遠方は見づらくなります。老眼鏡をかけたまま普通の生活をすることは出来ません。そこで、この眼鏡の掛けはずしの不便さを解消するため、屈折力の異なる二枚のレンズを切り継いで、レンズの上方で遠方視、下方で近方視する二重焦点レンズが考案されています。

さらに、近年境界のあるレンズでは、境界面での像の連続性がなく、また容姿の点でも老眼鏡と言われる事を嫌って、連続的にレンズ面の曲率を変化させた累進多焦点レンズがよく利用されるようになりました。普段は掛けはずしの不必要なこの多焦点遠近両用レンズが便利です。

ところが、一般的な累進多焦点レンズは、遠方視の部分が上側三分の一となっており、野球観戦のような遠方を主として見ている場合には大変利にかなっているのですが、手仕事や本読みを長時間したりパソコンを利用する場合、近くを見る部分の少ないレンズでは疲れ易く眼精疲労をおこしてしまいます。

これを改善するために、最近では下方三分の二が中近方視となるような多焦点レンズが出来ています。この眼鏡は受付業務や絵を描いたりする場合にも重宝されます。したがって、場所、目的に応じて近方専用もくわえて遠近、中近の三種類の眼鏡を使い分けるのが理想的です。

医療法人 木村眼科医院 木村好美 医師
(大阪府豊中市中桜塚1-7-1)

photo credit: tsakshaug via photopin cc

このasotkがおすすめ