女性に人気!「ローズヒップ」の秘密

今、女性のあいだで話題沸騰の「ローズヒップ」。今回は、そのローズヒップの秘密に迫ってみようと思います。

お肌の仕事人トリオ

お肌をキレイにする1人目の仕事人は、「ビタミンE」です。ビタミンEの抗酸化作用がお肌の老化を防いで若さを保ってくれます。でも、自分が身代わりになって酸化してしまうため、その後は力を失ってしまい、すっかりパワーダウンしてしまいます。

アソティック Eポリフェノール~天然ビタミンEで若々しい毎日を

そこで登場するのが、2人目の仕事人「ビタミンC」です。ビタミンCは、シミやそばかすの元となる物質を排除したり、キレイなお肌に欠かせないコラーゲンの生成を助けたりするだけでなく、酸化したビタミンEを再生してくれるのです。しかし、ビタミンCはとても壊れやすく、肌にたどり着くまでに激減してしまうのが欠点です。

そこでビタミンCを助ける3人目の仕事人が、「ビタミンP」です。ビタミンP(別名:ヘスペリジン)はビタミンCを頑丈にし、その働きを150%にまで高めるとも言われています。つまり、ビタミンPがビタミンCを助け、ビタミンCがビタミンEを助けるという仕事人トリオのトライアングルが成り立っているのです。 お肌をキレイに保つには、仕事人トリオを活性化することが大事なんですね。

実は、お肌の仕事人トリオ「ビタミンC・E・P」を豊富に含んでいる食材こそが、「栄養の宝庫」とも呼ばれるローズヒップなのです。これなら女性の間で人気沸騰するのも納得ですよね。

ローズヒップレシピ

ローズヒップ・ティー

最もポピュラーなのは、ローズヒップの乾燥粉末をお茶にして飲む方法。ビタミンC・Pがたっぷり溶け出します。底に残ったローズヒップには、ビタミンEがいっぱい。ハチミツや砂糖などでジャムのようにして食べるそうです。

ローズヒップ・クッキー

お茶に添える茶菓子もローズヒップで。ということで、ローズヒップクッキーの作り方をご紹介。

【材料】

  • ローズヒップ・・・大さじ1杯強
  • 薄力粉・・・350g
  • 無塩バター・・・200g
  • グラニュー糖・・・40g
  • ブラウンシュガー・・・40g
  • 卵黄・・・1個
  • 牛乳・・・大さじ1
  • ベーキングパウダー・・・小さじ1

【作り方】

  1. ローズヒップは、細かく砕いておく
  2. バターをボールに入れ、クリーム状になるまで混ぜる
  3. 砂糖を加えて混ぜ、白っぽくなったら卵黄を入れ、よく混ぜる
  4. 牛乳、ローズヒップを加え、ふるった粉類を切るように混ぜる
  5. 粉っぽさがなくなったら、適当な分量を棒状にまとめてラップにくるみ、冷蔵庫で約1時間寝かせる
  6. 好みの形にまとめ、包丁で1cmくらいの厚さに切る。170~180度で15~20分位、薄く色づくまで焼いたら出来上がり

photo credit: reflexer via photopin cc

このasotkがおすすめ