味噌汁の栄養を見直そう!

味噌は昔から「医者いらず」と言われてきた、すぐれた食品です。

かの有名な徳川家康も味噌汁をよく飲んでいたと言われていますが、なんと彼は平均寿命37.8歳の時代に75歳もの長寿をまっとうしました。彼の長寿の秘訣は、もしかしたら味噌汁にあったのかもしれません。

そこで、味噌汁の実力を検証してみましょう。

味噌の栄養

まずは味噌汁のメインである味噌についてです。

味噌の主原料である大豆は、良質のたんぱく質やビタミンE、食物繊維などを含む”畑の肉”と言われる健康食品です。大豆が発酵して味噌になると、大豆にはない必須アミノ酸やビタミンB群などが生成され、栄養的にさらに優れた食品となります。

味噌にはこの他にもカリウムやマグネシウムなどたくさんの栄養が含まれており、1つの食品でこれだけの栄養が含まれているものはあまりないでしょう。

味噌汁を飲もう!

味噌を味噌汁にして摂取すると、味噌の栄養を無駄なく摂取できます。さらに、味噌汁の具からも栄養が摂れ、まさしく一石二鳥です。しかし、最近は塩分を気にして味噌汁を敬遠する人も少なくないといいます。

味噌汁の塩分量は一杯(150g程度)当たり約1.4gと決して多くはありません。また、味噌汁には塩分排出効果がありますので、むしろ積極的に飲んだ方がいいという意見もあります。

さらにカリウムの多く含まれたほうれん草、いも類や、食物繊維の多いごぼう、こんにゃくなどは塩分の体内吸収を防ぎ、体外に排出してくれるのです。

一日一杯、具だくさんの味噌汁を飲んで「医者いらず」の健康な生活を送りましょう。

このasotkがおすすめ