体を守る細菌「乳酸菌」

乳酸菌といえば体に良い働きをする菌の中でも特に有名な菌だと思います。では乳酸菌は体の中で具体的にどんな働きをしているのか、皆さんは知っていますか?

今回はそんな乳酸菌の話題です。

乳酸菌のおさらい

乳酸菌とは、ブドウ糖などの糖を利用して多量の乳酸をつくる菌の総称のことであり、主に私たちの腸内に住んでいます。

私たちの腸内には数多くの細菌が存在していますが、乳酸菌はその中で私たちの健康に良い働きをする「善玉菌」として知られています。

また、乳酸菌には数多くの種類があり、その種類によって乳酸と同時につくる物質が異なります。例えば、ビフィズス菌は乳酸とともに酢酸をつくりだします。

乳酸菌のこんな働きあんな働き

では、乳酸菌はどのような健康効果を私たちにもたらしてくれるのでしょうか。

まず、乳酸菌がつくりだす乳酸が腸の運動を活発にし、食物の消化・吸収を助けたり、便秘を改善してくれたりします。

また、乳酸は「悪玉菌」の増殖を抑え、腸内の状態をきれいに保ってくれます。

さらに、乳酸菌の中には免疫細胞を活性化させ、免疫力を高めてくれる種類もあるというのです。
免疫力が高まることは、腸にとってだけではなく私たちの全身に効果のあることですから、積極的に乳酸菌を摂っていきたいですね。

こんなものにも乳酸菌

では、私たちの健康にこんなにも役立つ乳酸菌は一体どんな食品に含まれているのでしょうか。

皆さんもご存知の通りヨーグルトや乳酸菌飲料はもちろんのこと、他にもチーズやキムチといった食品に含まれています。

つまり、発酵させてある食品に含まれていることが多いようです。
ということは、そうです、味噌や醤油、漬物といった日本の伝統的な食品にも乳酸菌は含まれているのです。

乳酸菌と末長~くお付き合いしよう!

私たちは日々の活動に必要な栄養を腸から吸収しており、その点で腸は私たちの体の中でも重要な部分といえるでしょう。
乳酸菌はその腸に対する健康効果が高いのですから、毎日でも摂取してきれいな腸を保ちたいところです。

また、乳酸菌にはそれ以外にも免疫力を高めてくれたりアレルギー症状に効果があったりする種類もあるので、腸だけでなく、他の部分も乳酸菌に守ってもらい、健康生活を送りましょう!

photo credit: roboppy via photopin cc

このasotkがおすすめ