健康の香り「ハーブ」

様々な健康効果が手軽に得られるとあって人気のハーブ。今回はそんなハーブの種類とその様々な健康効果について簡単にご紹介します。

ハーブの種類いろいろ

ハーブと一口に言ってもその種類は多彩。

そもそもハーブというのは薬効成分の含まれる植物全般のことを指しているので、その数も多くて当然と言えるでしょう。

ここではそんなハーブの中で特に代表的なものをいくつか紹介していきます。

ラベンダー

鎮静・鎮痛効果の他、整肌作用があります。
北海道のラベンダー畑などで日本でもお馴染みのハーブですね。

カモミール

神経を和らげてくれ、リラックス効果や安眠効果もあります。
りんごに似た香りがします。

ジャスミン

リラックス効果の他に強壮効果も少し期待できます。
東洋において、昔から医薬品などに利用されてきたハーブです。

ペパーミント

いわゆるハッカです。
スゥーっとするハッカのあの感覚からも分かるようにリフレッシュ効果があります。

ローズヒップ

ビタミンCが豊富に含まれているので、お肌に良い効果があります。
ビタミンC不足な人にもおすすめです。

身近なハーブ摂取法

ハーブの健康効果を簡単に得る方法といえば、やっぱりハーブティーでしょう。
お店でも売っているし、もっともお手軽と言えます。

しかし、普通のハーブティーだけでは面白くありません。
せっかくなので1種類のハーブのみを用いるのではなくて、何種類かのハーブをブレンドして自分のオリジナルティーを作ってみてはいかがでしょうか。
意外な発見があるかもしれません。

ハーブの使用法あれこれ

もちろん、ハーブティー以外にもハーブの健康効果を得る方法はいろいろあります。

例えば、エッセンシャルオイルをお風呂に加えたり、ハーブの香りを活かして芳香剤などに利用したりすることもできますね。

さらに、ラベンダーに防虫効果が期待できるなど、健康効果以外にもハーブには様々な活用法があるのです。

注意点

ハーブは薬効成分が強い分、その摂取にも気をつけなければなりません。
特に妊娠中や授乳中の人は注意が必要です。
この時期はハーブを避けた方が無難ですが、どうしてもリラックスしたい時などは、必ずお医者さんに聞いてから使用するようにしましょう。

ハーブで健康生活

ハーブには上で取り上げた以外にも数多くの種類があり、もちろんその健康効果も千差万別。
一説には何千種類とも言われています。
そのハーブの中から、自分のお気に入りの種類を見つけだすのも楽しいかもしれませんね!

このasotkがおすすめ