歯周病が全身疾患へ!?意外と怖い歯周病

皆さんは歯周病は口の中だけの問題だと思っていませんか?

実は歯周病が他の全身疾患にも関係している可能性があるのです。

歯周病のおさらい

最初に、歯周病自体についておさらいしてみましょう。

歯周病にはいくつか段階があり、まず、歯肉に炎症があらわれたり、歯磨き時などに歯肉から出血したりする状態のことを「歯肉炎」といいます。小学校高学年ともなると過半数の児童がすでに歯肉炎だといいます。歯垢(プラーク) が主な原因ですが、このプラークは食べ物の残りかすではなく、そのほとんどは細菌です。

このプラークが歯と歯肉の間の溝などに多量にたまり、疲れや栄養不足が重なると、歯肉炎がさらに進んだ状態になります。炎症が進行し、出血がひどくなったり、出血だけでなくうみがたまったりするようになります。この状態にも段階があり、最終的には歯を失ってしまうことになります。

40歳以上の方の8割以上が、程度の差はあれ、歯周病にかかっているといわれています。

歯周病と全身疾患

歯周病だけでも恐ろしい病気ですが、この歯周病が他の全身疾患にも関係しているとは一体どういうことなのでしょうか。

実は、動脈硬化などによってできる血栓から、歯周病の病原菌が発見されたのです。
この細菌は血液中のコレステロールを血管に付着させる力が強いと言われており、そのせいで血栓が進行してしまうと考えられています。

加えて、歯周病にかかっている人は、CRPと呼ばれるタンパク質の血中濃度が高い傾向にあり、このCRPが血栓の形成を促進してしまうともいわれています。
この血栓が重要な血管におこってしまうと、心筋梗塞や脳卒中などが引き起こされてしまうのです。

また、糖尿病と歯周病も互いに関係しあっています。
歯周病がひどくなると高血糖になるといわれ、これが糖尿病による高血糖と相まってお互いに悪い影響を与えると考えられているのです。

さらに、妊婦の方に歯周病があると、早産をしてしまったり低体重児が生まれたりしてしまう可能性が指摘されています。

早めの治療を!

以上のように歯周病とその他の疾患との関係をみてきましたが、今後さらにこれらの関係については研究が進み、新たな事実が明らかになることでしょう。
しかし、歯周病はそれ自体でも十分恐ろしい病気なのですから、ちょっとでも気になったら早めに病院に行き、手遅れにならないうちに治療するようにしましょう!

photo credit: Conor Lawless via photopin cc

このasotkがおすすめ