体を守る「免疫」の基礎知識

最近にわかに注目を集めているのが免疫という言葉。でも、そもそも「免疫」ってなんでしょうか。今回はその免疫についてのお話です。

「免疫」って何?

免疫とは、一般的には「病気から体を守るはたらき」というように理解されています。
また、辞書で「免疫」を引いてみると…

  • 生体が自己にとって健全な成分以外のものを識別して排除する防衛機構
  • 何度も経験して抵抗を感じなくなること

(大辞林より抜粋)

とあります。

「自己にとって健全な成分以外のもの」にはもちろん病原菌が含まれます。

免疫の仕組み

免疫にはいくつかの種類があります。

まず一つ目は、病原菌を体内に入れないようにするという働きです。この働きは主に皮膚や粘膜などに備わっています。呼吸することで常に異物侵入の危険にさらされている鼻では、鼻の粘膜だけでなく、鼻毛や鼻水なども免疫機能を持っていると言えます。

二つ目以降は、病原菌などが体内に入ってしまってからの働きについてです。この時は、主に免疫細胞と呼ばれる細胞たちが活躍してくれます。この免疫細胞には数多くの種類があり、その働きも様々です。いくつか挙げてみましょう。

マクロファージ

細菌などの異物を取り込んで処理してしまう細胞です。

T細胞

役割ごとに3種類に分かれており、それぞれ命令係、攻撃係、抑制係をしています。

NK(ナチュラルキラー)細胞

マクロファージとは違い、細菌などの異物を直接攻撃して排除する細胞です。

B細胞

このB細胞はやや特殊で、B細胞自体は攻撃しないものの、異物(抗原)に対する「抗体」をつくりだし、これによって異物を排除します。

さらに、免疫細胞以外にも免疫の働きをしてくれる物質があります。例えば、サイトカインという物質は細胞間の情報交換などに関わっており、免疫が正常に働くように助けてくれます。

また、先ほど述べた「抗体」も、免疫細胞以外で免疫の働きをしてくれる物質だと言えるでしょう。

以上、免疫の仕組みについてごく簡単に説明してみましたが、実際にはもっと複雑です。細胞の名前を覚えたりする必要はありませんが、私たちの体の中にこれだけの複雑な仕組みが備わっていて、私たちが健康でいられるために大きな役割を果たしているのだという事はぜひ覚えていて欲しいと思います。

免疫と栄養素

最後に、近年、免疫と食物に含まれる栄養素との関係が注目されるようになり、栄養免疫学としてその研究が進められています。

免疫力を高める代表的な栄養素は、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEです。ACE(エース)と覚えておきましょう。ビタミンAは過剰摂取の問題がありますが、体内でビタミンAに変換されるβ-カロチンなら過剰摂取の心配はありません。その他にも、ビタミンB群、ビタミンD、ナイアシン、葉酸、鉄、亜鉛、銅、セレン、ヨウ素、カルシウム、マグネシウムといった栄養素を複合的に摂取することで、免疫が高まることが知られています。免疫UPには、ACEを中心としたマルチビタミン・ミネラルサプリメントを有効に活用することも得策です。

ウィルスや細菌に打ち勝つなめに、普段から食べ物で免疫力を高めることを心がけましょう。

photo credit: Microbe World via photopin cc

このasotkがおすすめ