納豆の健康パワーと食べ方いろいろ

その健康効果が今ではかなり有名になった納豆ですが、今回はそんな納豆の健康効果のおさらいと、納豆のトッピングについての特集です。

納豆の健康効果

納豆の健康効果としてもっとも注目されているものといえば、やはりナットウキナーゼでしょう。

ナットウキナーゼとは、納豆に含まれている納豆菌がつくる酵素のことで、血液をサラサラにしてくれる効果があるのです。

また、納豆の健康効果はそれだけではなく、食物繊維やビタミンKなども豊富に含まれています。ビタミンKは血液の凝固作用や骨を丈夫に保つ作用があると言われており、不足すると出血が止まらなくなったり骨がもろくなったりしてしまいます。

納豆の食べ方(トッピング)いろいろ

納豆の健康効果をおさらいしたところで、ここからは納豆の食べ方(トッピング)とその栄養面のメリットについて紹介していきましょう。

納豆+刻みネギ

納豆のトッピングとしてはかなり一般的で、ネギの香りと食感が、納豆の独特の匂いとネバネバ感を和らげてくれます。また、ネギを加えることで、納豆に含まれていないビタミンCを補えるので、栄養的にも一石二鳥です。

納豆+キムチ

これも割と一般的なトッピングでしょうか。キムチに用いられている唐辛子やニンニクは夏バテ防止にぴったり。また、キムチの発酵に伴って発生する乳酸菌と納豆菌が相乗効果で腸内環境を整えてくれます

納豆+大根おろし

納豆のネバネバ感が薄まり、思ったよりもあっさり食べられます。栄養的にもビタミンCを補えるほか、食物繊維も摂取できます

納豆+梅干し

大根おろしと同様、納豆をさっぱり食べられるトッピングです。梅干しに含まれるクエン酸は疲労回復にもってこいですね。

納豆+海苔の佃煮
納豆のビタミンKと海苔の佃煮に含まれるカルシウム・マグネシウムの相乗効果で骨の健康維持にピッタリです。海苔の佃煮に味があるので、調味料なしで食べられそうですね。

まだまだたくさんの組み合わせがあると思いますが、自分だけの食べ方やお気に入りのトッピングを見つけることも楽しいかもしれませんね。

納豆を食べよう!

納豆は独特の匂いとネバネバ感のせいか好き嫌いが分かれる食べ物です。しかし、納豆の健康効果を見過ごすのはもったいないと思いますので、嫌いな人も調理法などを工夫して是非チャレンジして見てくださいね!

このasotkがおすすめ