脇役なんて言わせない!「キャベツ」

キャベツと言えば、揚げ物などの付け合わせには欠かせない野菜です。最近はキャベツのおかわりが自由なんていう太っ腹なとんかつ屋さんも増えいていますね。

みなさんはキャベツの栄養についてよくご存知でしょうか。キャベツは単に付け合わせのためだけにあるような野菜ではありません。キャベツは、様々な栄養や成分の含まれた優秀な野菜なのです。

キャベツの栄養

キャベツはいわゆる緑黄色野菜ではなく淡色野菜に分類されますが、淡色野菜の中ではビタミンCが豊富に含まれています。

ほかには、ビタミンK葉酸なども豊富に含まれています。葉酸は正常な細胞の生成を手助けしてくれ、不足すると貧血や胃潰瘍のほか、胎児に悪影響を及ぼす危険性があります。

また、ビタミンKは、前回の納豆の特集の際にも書きましたが、血液の凝固作用や骨を丈夫に保つ作用があると言われています。不足すると出血が止まらなくなったり骨がもろくなったりしてしまいます。

イソチオシアネート

キャベツに含まれる成分の中で特に注目したいのは、イソチオシアネートです。このイソチオシアネートはアブラナ科の野菜に含まれる辛み成分のことで、血液をサラサラにしてくれるほか、血栓を予防する働きもあります。

また、最近の研究で、ガン細胞の発生を抑制する働きを持っているとも言われています。アメリカでは「デザイナー・フーズ・プログラム」という研究においてガン予防の可能性のある食品をピックアップしており、その中にキャベツも含まれているということですが、おそらくこのイソチオシアネートが関係しているのではないでしょうか。

キャベツの食べ方いろいろ

キャベツは、冒頭でも述べたようにせん切りにして付け合わせにする食べ方がかなり一般的ですが、ここではほかの食べ方も紹介していきましょう。

キャベツに含まれるビタミンCや葉酸などは水溶性ですので、あまり加熱すると栄養成分が溶け出してしまいます。そこで、加熱して食すならスープなどの汁ごと食べられるものがおすすめです。これなら汁に溶け出した栄養成分を無駄にせず摂ることができるからです。

ただ、シャキシャキした食感を生かしたいならやはり生で食べるのが一番。おすすめは、ずばりキャベツの浅漬けです。食感こそ少し失われてしまいますが、単独で食べてもよし、ごはんと一緒に食べてもよし、と個人的にはこの食べ方が一番おいしいと思っています。

このasotkがおすすめ