健康食材「キノコ」の意外な栄養価

秋の味覚として代表的なキノコ。少し前にキノコの歌が有名になったりもしましたが、では、キノコにはどんな栄養素が含まれているのでしょうか。

キノコの栄養

キノコに含まれている栄養成分は、ビタミンA、ビタミンCなどを除いて野菜類にも決して劣ることなく、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンDなどのビタミンの他、食物繊維ミネラルも豊富に含んでいます。

キノコはビタミンDが豊富

キノコに含まれているビタミンの中でもっとも注目したいのはビタミンDです。ビタミンDは紫外線に当たることによって体内でも合成できるビタミンですが、カルシウムやリンの吸収を助けてくれるなど、私たちにとって重要なビタミンです。

ビタミンDが不足してしまうと、体がだるく疲れやすくなったり、歯や骨が弱くなったりし、骨そしょう症などをもたらしてしまうこともあります。特に子供や妊婦、更年期以降の女性には欠かせないビタミンといえるでしょう。ビタミンD不足してしまう原因としては、運動不足や、日光に当たらない生活などがあり、対策としては定期的な運動や日光にしっかりあたることなどがありますが、より確実に不足しないようにするためには、やはり食物からも摂取する必要があるでしょう。

また、キノコに含まれるビタミンD自体も日光に当てることで増やすことが出来ます。日光に当たると、キノコに含まれているエルゴステロールという物質がビタミンDに変わってくれるのです。

食物繊維・ミネラル

キノコ類は全般的に食物繊維を豊富に含んでいますが、特に乾シイタケは含有量が多く、重量の約40%が食物繊維です。まさに食べる食物繊維といった感じですね。ミネラルのなかではカリウムが豊富に含まれています。カリウムには塩分の吸収を妨げるはたらきがありますから、生活習慣病の予防に役に立ちますね。

β-グルカン

キノコに含まれる成分の中で最近注目を集めているのが、β-グルカンです。そもそもグルカンとは、ブドウ糖がたくさん繋がってできた多糖体の一種のことで、様々な種類があり、β-グルカンもその中の一種です。β-グルカンには抗酸化作用があるという報告があって注目を集めていますが、まだまだ研究途中ということなので、今後の研究の発展に期待したいところですね

このasotkがおすすめ