「梅干し」に含まれる栄養素と健康効果

梅干しと言うと、おにぎりの具やお弁当の定番といった感じがしますが、梅干しにはどのような健康効果があるのでしょうか。

梅干しに含まれる栄養素

実は梅干しにはいろいろな栄養素が含まれています。例えば、ミネラルでは鉄分、リン、カリウムやカルシウムなどが含まれています。また、すっぱい味からもわかるように、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸が含まれています。

クエン酸の効果

クエン酸は、私たちが活動するために必要なエネルギーを生み出す手助けをしてくれます。

特にエネルギー切れの時に有効なことから、疲労回復に役立つとも言われています。このクエン酸は梅の果実にも含まれているので、梅干しだけではなく梅酒にも含まれています。仕事で疲れた時などは、ビールもいいですが梅酒を飲むのもいいかもしれませんね。

また、クエン酸はカルシウムの吸収を助けてくれると言われています。カルシウムは単体では吸収されづらく、マグネシウムを同時に摂取することが重要であるとされていますが、このマグネシウムと同じような働きをクエン酸がしてくれるのです。

さらに、クエン酸は「酸」という名の通りすっぱく、この酸味が唾液や胃液の分泌を促してくれます。これが食物の消化・吸収を助けてくれたり、食欲を増進させてくれたりします。梅干しのは見ているだけでも唾液が出てきてしまいますから、食べなくても効果あり・・・かもしれません。

その他の効果

他にも、梅干しの効果はいろいろあります。例えば、梅干しはすっぱいにも関わらずアルカリ性の食品なので、普段の生活で酸性に傾きがちな私たちの体を本来の弱アルカリ性に保ってくれます。また、梅干しには菌の繁殖を抑えてくれるという効果があるので、おにぎりの具やお弁当に適していると言えます。

以上のように、梅干しにはいろいろな健康効果があるので、皆さんもぜひ梅干しを食卓に加えてみてはいかがでしょうか。ただし、梅干しには塩分が多く含まれている場合が多いので、食べ過ぎには注意してくださいね!

このasotkがおすすめ