紫外線対策を徹底解説

頭上注意!降り注ぐ紫外線

皆さんは紫外線についてどの程度知っていますか?天気予報でも紫外線予報が出るなど、紫外線に対する意識は一般的にみても高いと思いますが、ここで、もう一度紫外線についてしっかりと勉強してみましょう。

紫外線の基礎知識

まずは紫外線の正体からみていきましょう。紫外線は、簡単に説明すると太陽から届く光線の一種です。太陽から届く光線には、まず目に見える光である「可視光線」があります。その他に、可視光線よりも波長が長い「赤外線」と波長が短い「紫外線」が含まれているのです。つまり、紫外線は、デトックスの特集でも触れたあの赤外線と反対の位置にあるということになります。

そして、紫外線は地表に届く太陽光線のうち約6%にすぎないといわれていますが、1種類ではありません。紫外線には大きく3種類があり、それも波長の長さによって決められています。

まず、紫外線の中でも波長が長いのがUVAです。このUVAは地表に届く紫外線の中で約9割を占めています。

次に、紫外線の中で中程度の波長の長さを持つのがUVBです。このUVBの地表に届く量はUVAの10分の1程度といわれていますが、赤くなって痛む、あの火傷のような日焼けの原因とされています。

最後に、紫外線の中でももっとも波長が短いのがUVCです。このUVCは普段地表に届くことはほとんどありませんが、近年のオゾン層の破壊により地表に届きやすくなったとも言われており、これから量が増えるかもしれません。普段の生活の中では、殺菌灯にこのUVCが利用されています。

UVA 紫外線の中でもっとも波長が長い。
地表に届く紫外線の多くを占める。
UVB 波長の長さは紫外線の中で真ん中程度。
UVAの10分の1程度の量とされる。
赤くなる火傷のような日焼けの原因。
UVC 紫外線の中でもっとも波長が短い。
普段はあまり地表に届かない。
殺菌灯に利用されている。

日焼けの基礎知識

紫外線の影響といえば、やはり日焼けがいちばん大きいと考えられます。先ほども簡単に触れましたが、日焼けにも2種類があります。それぞれ「サンタン」「サンバーン」といい、症状などにも違いが見られます。

まず、サンタンは特に赤みや痛みなどを伴わない日焼けで、メラニン色素の沈着によって肌の色が褐色になります。後述するサンバーンの後に起こったり、浴びた紫外線の量があまり多くない場合にはサンバーンをあまり伴わずに起こったりします。比較的軽度の日焼けとも言え、褐色の元であるメラニン色素が皮膚の細胞を紫外線から守ってくれますが、しみやそばかすにの原因になりやすいとされているので注意が必要です。

次にサンバーンですが、これは特にUVBなどの紫外線を急に強く浴びた際に起こる日焼けのことで、赤くなったり水泡ができたりと、火傷のような症状を引き起こします。日焼けした日から数日までがピークとされ、皮膚が剥がれ落ちたりします。いわゆる「日焼けで皮がむける」という状態のことです。

その後、次第にサンタンに移り、肌は褐色になっていきます。このサンバーンは皮膚の細胞のDNAを傷つけられるため、皮膚がんの原因になる可能性があると言われており、特に注意が必要であるといえます。

サンタン 肌が褐色になる。
メラニン色素が皮膚の細胞を保護してくれる。
しみやそばかすの原因となりやすい。
サンバーン 赤みや痛みを伴い水泡ができることもある。
肌が剥がれ落ちる。
皮膚がんの原因となる可能性がある

怖いのは日焼けだけじゃない!

日焼け以外の紫外線による影響で、もっとも深刻な影響といえるのは「皮膚がん」です。もちろん、紫外線を浴びたからといって必ず皮膚がんになるわけではありません。しかし、皮膚が赤くなるような急激な日焼け(サンバーン)は肌への刺激が強く、皮膚の細胞のDNAを傷つけてしまいやすいです。そのため、皮膚がんの原因になってしまう可能性があるのです。

そして、紫外線によってひき起こされる皮膚がんには、いくつかの種類があります。症状や部位、転移のしやすさなどによって異なり、主なものには、基底細胞がん、有棘細胞がん、メラノーマ(悪性黒色腫)などがあり、日本人では基底細胞がんが多いそうです。基底細胞がんは進行が遅く、転移も少ないとされていますが、ほうっておくと皮膚のみでなくその下の細胞なども傷つけてしまうので、やはり早期に発見・治療することが大切であると言えるでしょう。

また、その他の紫外線による影響としては、白内障があります。 白内障とは、目においてレンズのような役割をしている水晶体が濁ってしまい、視力が低下してしまう病気です。通常は加齢が原因となって引き起こされやすくなりますが、目に紫外線を大量に浴びていること、白内障を引き起こしやすくなる1つの原因であると言われています。

白内障の起こる水晶体はたんぱく質が主成分であるが、血管がないために新陳代謝が起こらない。そのため、紫外線の刺激によってたんぱく質の変性が進み、弾力性や透明性が低下して白内障が引き起こされてしまうと言われているのです。

最後に、女性にとっては天敵のしみやしわも紫外線による影響が大きいとされています。このように、紫外線には日焼けだけでなく様々な影響があることがわかりました。

紫外線から肌を守る

紫外線から私たちの肌を守るには、なんといっても、「肌を直接太陽の下にさらさない」ということが一番です。服を着たり、日傘を差したりすればそれだけで多くの紫外線を遮断することができるのです。長袖長ズボンに手袋をはめ、そして日傘を差しながら帽子とサングラスをすれば怖いものなしです。しかし、特に紫外線の量が多く、そして暑い夏にこのような格好をすることは簡単ではありません。

そのようなときは、やはり日焼け止めを使うことになるでしょう。ただ、日焼け止めは様々な企業から様々な種類が販売されており、どれを買ったらよいか迷ってしまうことがあるかもしれません。そこで、日焼け止めを選ぶ目安として、SPFとPAを見ていきましょう。

まず、SPFとはSun Protection Factor(サンプロテクションファクター)の略で、紫外線の防止効果の程度を「数値」で表したものです。特に赤くなる日焼けの原因とされるUVBの防止効果の目安となっています。値は20~50程度で、値が大きくなるほど防止効果が大きくなっています。一方、PAはProtection Grade of UVA(プロテクショングレイドオブUVA)の略で、しみやしわの原因とされるUVAを防ぐ目安となっています。こちらは数値では表されておらず、+の記号が1~3個で多いほどUVAの防止効果があるとされています。

SPF 日焼けの原因とされるUVBの防止効果の目安
値は20~50程度。大きくなるほど防止効果が高い。
PA しみやしわの原因とされるUVAの防止効果の目安
+の記号が1~3個で多いほどUVAの防止効果が高い。

日焼け止めを選ぶ際には、これらの値を参考にして選ぶと良いでしょう。しかし、1つ注意してほしいのは、一般的な日焼け止めは汗や皮脂などによって徐々に流れ落ちてしまいます。紫外線防止効果の高いものだからと1回つけただけで安心してしまってはいけません。たとえ紫外線防止効果のそれほど高くないものでも、こまめにつけ直せばそちらの方が全体的な紫外線防止効果は高くなる可能性もあります。そんな時間はないというひとでも、せめて朝と昼の2回くらいはつけ直すようにしたいものですね。

photo credit: Rickydavid via photopin cc

このasotkがおすすめ