運動で健康づくり!

運動で健康づくり!

健康のためには運動をした方が良い、ということは様々なところで言われていることだと思います。しかし、「いったいどんな運動をどの程度すれば良いのか?」、それがはっきりと示されていることは少ないように思います。今回は、国が設けた検討会による報告書をもとに、健康のためにはどの程度運動をしたら良いのかを探っていきます。

運動基準と運動指針

今回紹介する報告書は、運動所要量・運動指針の策定検討会の「健康づくりのための運動基準2006」および「健康づくりのための運動指針2006」です。これらは、もともと平成元年に「健康づくりのための運動所要量」として作成されたものを、社会状況の変化などを考慮し、現在の科学的知見をもとに改訂したものになっています。

各報告書の内容を簡単に説明しますと、「運動基準」では、健康の維持・増進のためにはどの程度運動をしたら良いのかという基準値や、運動ごとの運動量などが掲載されています。そして、「運動指針」において、基準値を達成するためにいかに運動を実践していくかという指針が示されています。

報告書内の用語

早速、どれだけ運動したら良いかという基準値を見ていきたいところですが、そのためにはこの報告書で使われている用語の意味を覚えなくてはなりません。特に重要なものをいくつか紹介しますので、ぜひ頭の片隅にでも入れておいてください。

身体活動・生活活動・運動

この報告書では、体力の維持などを目的として意図的に行う「運動」と、 日常生活における通勤・通学や労働、掃除などの「生活活動」を区別しています。そして、この2つを合わせたものを「身体活動」と呼んでいます。

メッツ

身体活動の強さを、安静時の何倍に相当するかで表す単位が「メッツ」です。座って安静にしている状態が1メッツ、普通の歩行が3メッツに相当します。

エクササイズ

身体活動の量を表す単位で、身体活動の強さ(メッツ)に身体活動を行った時間(時)をかけたものが「エクササイズ」です。より強い身体活動ほど短い時間で1エクササイズとなります。

健康づくりのための運動量・身体活動量

用語を覚えたところで、ようやく運動量・身体活動量の基準値を見ていきましょう。まず、身体活動量の基準値は23エクササイズ/週となっています。また、運動量については、基準値は4エクササイズ/週となっていますが、その範囲が2エクササイズ/週~10エクササイズ/週までとなっており、各自の現在の運動量に応じて目標を定めることができます。

しかし、ここで注意しなければならないことがあります。それは、3メッツ以上の活動のみ計算に入れることができるという点です。これは、あまりに弱い運動では効果がないとされているからで、例えば、安静時が1メッツだからといって、それを23時間行えば良いかといえば決してそうではないということからもわかると思います。この23エクササイズ/週を達成するためには、例えば、3メッツの身体活動である歩行に換算すると、1日あたり約60分行えば良いことになります。

最後に、どの身体活動および運動が何メッツに相当するか、一部を抜粋した表を掲載しますので、目標設定に役立ててみてくださいね。

メッツ 生活活動 運動
3.0 普通歩行、屋内の掃除、大工仕事 ボーリング、フリスビー
4.0 速歩、自転車、通勤 卓球、太極拳
5.0 かなりの速歩 ソフトボール、野球
6.0 家具・家財道具の運搬 バスケットボール
7.0   ジョギング、サッカー、テニス
8.0 農作業、階段を上がる サイクリング、ランニング
10.0   柔道、ラグビー、平泳ぎ

積極的な運動で健康生活!

今回の基準値を見て皆さんはどのような感想を抱いたでしょうか。もう達成している方はそれを維持できるように、そして達成できていない方はぜひ達成できるように、生活の中に運動を取り入れてみてください。

photo credit: istolethetv via photopin cc

このasotkがおすすめ