自分の体を測定しよう!BMI、体脂肪率、WH比

自分の体を測定しよう!BMI、体脂肪率、WH比

誰もが気になる自分の体型。自分はやせているのか太っているのか?どのくらいが標準なのか?病気にかかりにくいのはどのくらいなのか?などなど。そこで、今回は体型や肥満度などを測定するための方法をいくつか紹介していきたいと思います。

BMI(体格指数)

BMIはBody Mass Index(ボディ・マス・インデックス)の略で、日本語では体格指数と訳されます。現在の身長と体重からその人の肥満度を測ることができ、学会でも採用されるなど、国際的にも有名な方法です。

計算は簡単で、「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で求めることができます。求めた数値と肥満度の関係は下表の通りですが、標準の中でも22.0前後の時がもっとも病気にかかりにくく、死亡率も低いとされています。

判定 やせ 標準 肥満1度 肥満2度 肥満3度 肥満4度
BMI 18.5未満 18.5以上
25.0未満
25.0以上
30.0未満
30.0以上
35.0未満
35.0以上
40.0未満
40.0以上

この方法は、身長と体重さえわかっていれば求めることができる便利な方法です。しかし、逆に考えれば、この値は単に身長と体重の関係から肥満度を表したものであり、体脂肪率などを求めることはできません。そこで、あわせて体脂肪率を測定することをお勧めしたいと思います。

体脂肪率

体脂肪率の測定方法としては、市販の体脂肪計がもっとも手軽でよいでしょう。最近では、体脂肪率測定機能がついている体重計も多いと思います。一般的な体脂肪計による体脂肪率測定方法は、体内に微弱な電気を流し、筋肉と脂肪の電気の流れやすさ(電気抵抗・インピーダンス)の違いによって体脂肪率を推定するというものです。

ここで注意したいのが、体脂肪率は推定値であり、測定時の状態などによって値に差が出ることがあるということです。そのため、なるべく同じような状態で長期間継続して測定を行い、傾向を捉えることが重要となります。細かな値の増減にいちいち一喜一憂してもあまり意味がないということですね。

ちなみに、体脂肪率の推定値に大きな差が出やすいのは、体内の水分量が急激に変化した時が多いようです。入浴後や激しい運動後、食事後や大量の水分摂取後などは測定を控えたほうが無難でしょう。体脂肪率の目安は、男性と女性でやや異なっていますが、男性で15~20(%)、女性で20~25(%)程度が標準であるとされていることが多いようです。

ウエスト・ヒップ比(W/H比)

BMIを計算して自分の体型がやせ型か肥満型かわかったし、体脂肪率を測定して自分の体脂肪率もわかった。もうこれで十分、という方にもう1つ、ウエスト・ヒップ比の測定をしてはいかがでしょうか。これは、文字通りウエスト(腰回り)とヒップ(尻回り)の比率で、自分が上半身肥満なのか下半身肥満なのかの判断に用いられます。

計算方法はウエスト(cm)÷ヒップ(cm)となります。この値が0.7以下ですと、上半身よりも下半身に脂肪がたまっている下半身肥満となり、逆にこの値が男性で1.0以上、女性で0.8以上ですと、お腹などに脂肪がたまった上半身肥満となります。

上半身肥満、下半身肥満はそれぞれ見た目から「りんご型肥満」、「洋なし形肥満」とも言われ、最近話題のメタボリックシンドロームなどの危険性が高いのはりんご型肥満(上半身肥満)であると言われています。体脂肪率も高くウエスト・ヒップ比の値も大きい方は特に注意してくださいね。

いろんな測定で健康生活!

今回は自分の体型や肥満度などを測定する方法を3つ紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。いずれも特に高価な機器や専門的な知識などを必要としないので、手軽に測定することができるのではないでしょうか。肥満をやっつけるにはまず自分の状態を知るところから始めることが重要だと思いますので、皆さんもぜひ試してみてくださいね。

photo credit: Benson Kua via photopin cc

このasotkがおすすめ