これだけは知っておきたい!AED。

AED

近年、様々なところへの整備が進み、街中で見かけることも多くなってきたAEDですが、まずはそのAEDとは一体どういうものなのかというところから見ていきましょう。

AEDとは?

AED(Automated External Defibrillator)は日本語で「自動体外式除細動器」と呼ばれています。そう聞くとなんだか難しく思えてしまいますが、心臓が細かくふるえてしまい正常に血液を送ることが出来ない状態(細動)に陥った場合に、心臓に電気ショックを与えることで正常な機能を回復させるための器具のことです。

2004年7月に一般の市民でもAEDを使用することができるようになり、全国各地にAEDが整備されるようになりました。また、実際にAEDを用いて人命を救助した例も増えてきており、AEDの効果の大きさが改めて証明されています。ただ、AEDはそれだけ使えば良いというものではありません。AEDの使用は、心臓マッサージのための胸骨圧迫や人工呼吸などともに、傷病者を救命するための「救急蘇生法」の中に位置づけられています。ちなみに、以前特集でお送りした応急手当もこの一部分に含まれています。次は、AEDの具体的な使用方法について見ていきましょう。

AEDの具体的な使用方法

AEDの使用は先ほど述べたように、救急蘇生法の一部として位置づけられていますので、その流れに沿いながらAEDの使い方を見ていきましょう。

AEDは誰かが倒れるところを目撃したり、倒れている人を発見したりした場合で、その人の反応(呼びかけへの応答や目的のある仕草など)がない場合に使用します。その場合、まず大声で周囲に呼びかけ、続いて119番通報することがもっとも重要で、その次にAEDの手配をします。近くにAEDがあることがわかっていればすぐに取りに行き、到着しだいAEDを使用しますが、救助する人が複数いる場合は作業を分担し、AEDの到着まで胸骨圧迫や人工呼吸といった心肺蘇生を行いましょう。

AEDが到着したら、まずは電源を入れますが、自動的に電源が入るものもあります。その後の作業は音声メッセージやランプなどに従って行いますが、その流れを紹介していきましょう。

電源を入れた後は、倒れている人の衣服を脱がし、電極パッドを胸に密着させて貼り付けます。貼り付ける位置はパッドに図で示されていますので、図と同じになるようにします。貼り付けがしっかり行われると心電図の解析が始まりますが、この時、倒れている人に手を触れないように注意してください。心電図の解析が終わると、音声で電気ショックの必要があるかどうかを教えてくれます。必要があるとされた場合には再度音声の指示に従ってボタンを押すと、電気ショックが実行されます。

電気ショックが終了した後、あるいは心電図の解析で電気ショックは必要ないとされた場合はただちに心肺蘇生を再開します。2分ほどでAEDが再び心電図の解析を始めますので、同様の手順を繰り返していきます。これを救急隊などに引き継ぐかもしくは倒れている人が(嫌がって)動き出すまで続けます。

AED使用時の注意点

AEDの使用手順は以上ですが、実際に使用する際には注意点がいくつかあります。まずは、倒れている人が8歳未満の場合は、子供用のパッドを用いますが、子供用パッドがない場合は大人用パッドで代用します。また、1歳未満の乳児にはAEDは使用しないこととなっています。胸がぬれている場合はAEDが正常にその機能を発揮できない可能性があるので、しっかりと水分をふき取ってから電極パッドを取り付けるようにします。さらに、胸毛が濃い場合はパッドが密着しない恐れがありますのでかみそりでそる、あるいは予備のパッドを利用して毛をはぎとる必要があります。

AED講習のすすめ

以上のようにAEDの使い方について見てきましたが、いかがだったでしょうか。AEDを使ったことが無い方も、イメージをつかむことが出来たでしょうか。また、AEDを扱うメーカのWebサイトには実際の使用方法が動画で公開されているので、一度見てみると良いでしょう。ただし、いざという時にあわてないためには、やはりなんといっても一度自ら体験することがもっとも効果があると思います。最近ではAEDの講習も様々なところで行われていると思いますので、ぜひ一度参加してみてくださいね。

<参考資料>
日本救急医療財団心肺蘇生法委員会監修、日本版救急蘇生ガイドライン策定小委員会編著(2006)『救急蘇生法の指針(市民用・解説編)改訂3版』へるす出版
日本光電「AED(自動体外式除細動器)とは」http://www.nihonkohden.co.jp/aed/index.html

photo credit: acme via photopin cc

このasotkがおすすめ