エネルギー代謝-脂質代謝と糖代謝-

エネルギー代謝

皆さんが毎日生活している上で必要なもの、それはエネルギーです。エネルギーの源は3大栄養素である炭水化物、脂質、たんぱく質からなる食物です。それらが酵素と結合し、エネルギーが産生されます。これをエネルギー代謝(TCAサイクル)と言います。エネルギー代謝には「脂質代謝」と「糖代謝」がありますので、それぞれ解説します。

脂質代謝

脂質を代謝するためにはパントテン酸L-カルニチンという成分が必要不可欠です。

パントテン酸

パントテン酸は脂質、糖質、たんぱく質の代謝とエネルギー産生に不可欠な酵素を補助する重要な役割をします。また、コレステロール、ホルモン、免疫抗体などの合成にも関係しています。しかし、パントテン酸は体内で自ら作り出すことはできません。そのため、レバー、納豆、さけやいわしなどの魚介類、肉類、卵などから摂取する必要があります。

L-カルニチン

L-カルニチンは牛肉や羊肉等の動物性食品に含まれるビタミン様物質で脂質を筋肉に運び、代謝をうまく調節するという働きがあります。L-カルニチンが体内に十分存在していると、中性脂肪や脂肪酸の燃焼を促進するので、体脂肪が溜まりにくくなります。

L-カルニチンは、もともと体の中で合成され、基本的には不足することが少ないとされている成分ですが、合成する力は加齢とともに落ちていきます。人間の骨格筋の中のカルニチンの量は、20代が一番多く、それからどんどん減っていきます。若い人はL-カルニチンの不足を心配する必要はありませんが、50歳を過ぎたら、食事や栄養補助食品で、積極的に補ったほうが良いといわれています。また、植物性食品には含まれていないため、肉が苦手な人はサプリメントなどを活用するのが望ましいとされています。

脂質代謝が活発になり、太りにくい身体になるためには、これらの2つの栄養成分を毎日の食事から摂取すること、もしくは栄養補助食品で適切に補うことが大切です。

糖代謝

糖を代謝するためにはビタミンB1」とαリポ酸という成分が必要不可欠です。

ビタミンB1

ビタミンB1そのものは食べ物からでは吸収されにくく、効率的に摂取することが重要となります。なぜならビタミンB1は、ご飯やパン、砂糖などの糖質を分解する酵素の活動を助け、エネルギーに変える働きがあるからです。ビタミンB1が不足すると、糖質のエネルギー代謝が悪くなり、疲れやすくなったり、手足のしびれ、むくみ、動悸などといった症状が現れます。また糖質は、脳や神経のエネルギー源でもあるため、糖質だけではなくビタミンB1も不足すると、集中力がなくなったり、イライラが起こったりします。

αリポ酸

体内で合成され、抗酸化作用を持つ成分です。細胞内でのエネルギー産生、特に糖分によるエネルギーの産生が効率的に行われるように働き、余分な栄養素が脂肪として身体に蓄積していくのを防ぐ作用があります。しかし、体内にαリポ酸が不足気味であれば、いくら炭水化物や糖分を食べても、TCAサイクルがスムーズにいかず、産生されるはずのエネルギーがうまく産生されません。αリポ酸が体内に充分にあれば、摂取したカロリー、特に糖分はどんどんエネルギーとして代謝、消費されるため基礎代謝は高いレベルで維持され、特に厳しい食事制限をしなくとも太りにくく、体脂肪もつきにくくなるようです。

まとめ

代謝を活性化することで、痩せやすい身体にするだけでなく、諸症状の改善にもつながります。基礎代謝を上げて、元気に生活していきましょう!

このasotkがおすすめ