熱中症・クーラー病・プール熱の対策

夏バテ

梅雨も終盤になり、段々と夏が近づいてきました。太陽の光も強く降り注ぐようになり、外に出ると思わずクラクラしてしまうこともあるのではないでしょうか。今回は夏にかかりやすくなる「熱中症」「クーラー病」「プール熱」についてご紹介したいと思います。知っているようで知らないこれらの症状。甘く見ていると大変なことになります。

熱中症

特に夏季など暑い環境で体温調節ができなくなり、バランスが崩れることによって起こる症状の総称のことです。夏のように暑い季節になると気温が体温より高くなることで、皮膚の表面から空気中へ熱を出すことが難しくなります。この熱中症、外でのみ起こると思われる方も少なくないと思いますが、実は室内でも起き得る症状なのです。

熱中症は「熱失神(血管の拡張によって血圧が低下し、めまい・失神などがみられ、顔面蒼白となる)」「熱痙攣(大量に発汗した時に水だけしか補給せず血液の塩分濃度が低下して、足・腕・腹部に筋肉の痛みをともなった痙攣が起こる)」「熱疲労(大量の発汗により脱水症状が起こり、脱力感・倦怠感・めまいなどがみられる)」「熱射病(体温の上昇により中枢機能に異常をきたした状態で、意識障害が特徴)」の4つに区分されます。

これらが起こってしまった場合の適切な処置は以下の通りです。熱失神や熱疲労の場合は涼しい場所で水分補給をしましょう。その際には衣服をゆるませ、足の下に物を置き、高くしておきましょう。痙攣の場合は生理食塩水を補給しましょう。熱射病の場合は直ちにアイシングしましょう。首の後ろやわきの下、大腿部の付け根など、大きな血管のある部分をを冷やすことが大事です。全身に霧吹きのようなものでまんべんなく水をふきかけることも効果的となります。

クーラー病

人工的な環境の変化によって、その体温調整能力に変調が起こり、自律神経の失調を来して、様々な症状を引き起こすことの総称です。クーラーで冷え切っている室内から、外に出たり、また室内へ入ったりと急激な温度変化を繰り返しても身体がついていくことができません。血液やホルモンバランスにも崩れが見られ、足腰の冷えや頭痛、腹痛、神経痛、カラダのだるさなどといった症状として表れます。

そうならない為には、室内と外の温度差が5度以内になるように心がけましょう。そして室内の温度は24度以下にならないようにしましょう。今はエコが叫ばれていますので、できれば27~28度に設定することが良いかと思います。また冷気は足下へ流れる傾向があるので、スリッパを履いたり、靴下を履いたり、ひざ掛けを使うときは、かけるだけでなく、足に巻き付けた方がより効果的です。

プール熱

アデノウイルスという微生物が、接触感染によって人に感染し、ノドの痛み、結膜炎、高熱を発するものです。現在は運動などでプールの利用が盛んになり、1年中この症状が現れることが多く、10歳以下の子供に多く発症します。予防としては、よく目や手を洗い、よくうがいをする。プールから出たらシャワーでプールの水をよく流すことが必要です。

まとめ

夏の暑さでは様々な症状が起こりやすくなります。本格的な夏を迎える前に、対策を知っておきましょう。

photo credit: Rennett Stowe via photopin cc

このasotkがおすすめ