夏野菜で夏バテ対策

夏バテ対策は夏野菜で!

日本各地で真夏日が続き、なかなか外に出るのもたやすいことではなくなっています。でも、暑いからと言って冷たいものや食べやすいめん類ばかり食べてはいませんか?偏った食事は身体のバランスまで偏ってしまいます。そこで今回は、夏野菜に注目してみました。意外と知らない夏野菜の力。体力消耗の激しい夏、野菜をうまく取り入れて暑さを乗り切りましょう!

今回はトマト、オクラ、カボチャ、キュウリについて見ていきしょう。

トマト

トマトの真っ赤な色を醸し出しているのが、リコピンという色素でカロテノイドの一種です。リコピンは抗酸化作用が強く、老化予防だけでなく、メラニンの生成を抑え美白の効果も期待できます。それ以外にもさまざまな栄養素を含み、特にカリウムの含有量が多いので、高血圧の改善には効果的です。

また、食物繊維のペクチンを含むことから、便秘の改善、血糖値や血中コレステロール値の低下なども期待できますし、ビタミンCも豊富に含まれています。またトマト特有の酸味のクエン酸やリンゴ酸が胃酸の分泌を促し、夏バテで疲れた身体にも食欲増進効果が期待できます。

オクラ

オクラには豊富な食物繊維が含まれていて、その他にもビタミンC・ビタミンB1・カリウム・カルシウム・ビタミンA等が含まれています。刻むと出てくる独特のぬめりはペクチンという食物繊維です。これは整腸作用やコレステロールを減らす働きがあります。

カボチャ

カボチャは、特にカロテン(ビタミンA)が多く含まれ、粘膜や皮膚の抵抗力を高め、生活習慣病対策としても効果があります。その他カルシウム・ナトリウム・ビタミンB1、B2、C、E、鉄、食物繊維などを多く含みます。また、種には、たんぱく質、亜鉛、脂肪が豊富です。種は乾燥させ炒めるとおつまみにも最高です。

キュウリ

キュウリは、ほとんどが水分ですが、ビタミンA、B、C、鉄、ナトリウム、マグネシウム、銅、カリウムなども含んでいます。特にカリウムが豊富で利尿作用があるので、むくみ解消にも効果的です。また、水分を多く含んでいるので水分不足の身体にも最適です。

現在は農業の技術も進歩し、一年を通してほとんどの野菜を食べることができますね。しかし旬の物は旬の時期が一番その物の効果を最大限に引き出してくれるのではないでしょうか。季節の物を美味しく食べて、健康な身体をつくりましょう!

photo credit: hk0330 via photopin cc

このasotkがおすすめ