夏こそ食生活見直しのとき

夏こそ食生活見直しのとき

いよいよ夏本番。と思いきや梅雨が明けていないような日々が続いたりとお天気も不安定ですね。暑い日が続くとどうしても冷たいものやさっぱりしたものを求めてしまう傾向にありますが、体力を維持するにはそれだけでは足りません。夏こそ食生活を見直しましょう。

夏こそとりたい栄養素

夏は疲れやすくなったり、なんだかパッとしない体調が続くことが多くなることがあると思います。これは身体の栄養のアンバランス、特にビタミンやミネラルの不足が一つの要因となっていることが考えられるようです。ビタミン・ミネラルは全般的に必要となりますが、この季節は特に摂っておいた方が良いと考えられています。

もう1つ、夏は気温が高く、体温維持として必要なエネルギー源をあまり身体が欲しなくなり、食欲が低下します。ですが食べないことでエネルギー消費は低下しますので基礎代謝も低下してしまいます。そのためには先に挙げたビタミン・ミネラルの他に良質のたんぱく質も摂取しておくことが必要とされます。

栄養素豊富な夏野菜

夏野菜には栄養素が豊富に含まれているものが多くあります。

まずトマト。トマトにはリコピンという抗酸化作用が強くメラニンの生成を抑えてくれる栄養素やペクチンという食物繊維が含まれています。次にオクラ。豊富な食物繊維が含まれている他に、ビタミンCやビタミンB1なども含まれています。また独特のぬめりは食物繊維であるペクチンです。そしてカボチャ。カロテン(ビタミンA)が多く含まれていますので、粘膜や皮膚の抵抗力を高めてくれます。その他にもカルシウムやナトリウムなどを多く含みます。

夏にオススメ料理

夏は特にあまり火を使わないで料理をしたいですよね。そんなとき、宮崎県の郷土料理「冷汁」はどうでしょうか?キュウリやオクラなどお好みの具を刻んで味噌ベースのお汁に入れて冷やしておけば、あとはご飯の上や素麺の上にかけて食べるだけ!食欲がない夏でもサラサラっといけますよ。

photo credit: Davide Restivo via photopin cc

このasotkがおすすめ