生命の炎「カルシウム」

生命の炎「カルシウム」

ご存知でしょうか?カルシウムは人間の体内で最も多いミネラルで、個人差はありますが体重の1.5~2.0%を締めています。このうち99%は骨や歯に蓄えられ、残りの1%が血液などの体液や細胞、筋肉などに溶け込み、重要な生理機能を維持しています。

ここではカルシウムの働きについてまとめました。

カルシウムの働き

神経の情報伝達

カルシウムが 脳の命令を神経を通して各部署に伝えます。カルシウムが不足すると、異常に興奮したり、イライラしたり、痛みを感じやすくなったりします。カルシウムが満ち足りると、気持ちが落ち着くばかりでなく、忍耐力・持久力も出てきます。

免疫における情報伝達

免疫システムにおける情報伝達にもカルシウムが関与しています。カルシウムが白血球を正常化し免疫力をアップします。

筋肉の収縮

筋肉組織が動く時にカルシウム・マグネシウムが必要になります。カルシウムが不 足すると筋肉の運動が低下し、心臓や胃腸の働きが悪くなります。

血液を健康な状態に

カルシウムは血液を弱アルカリ性に保ちます。血液中のカルシウムが不足すると、 血が固まりにくくなったりします。

酵素の働きを活発に

酵素の働きにスイッチを入れ、始動させるのはカルシウムの働きです。酵素の働き が正常活発ならば、身体に必要な栄養分を豊富に取り入れることが出来ます。

ホルモンの機能を活発に

カルシウムはホルモンバランスを整えます。カルシウムが不足すると、血糖値を下 げるインスリンが出にくくなったり、消化液の分泌が悪くなったりします。

腸内の善玉菌を増強

胃酸、胃液、腸粘液、汗等の分泌過程をコントロールするのがカルシウムです。

細胞分裂の過程や、受精をコントロール

カルシウムが不足すると不妊や生理不順、生理痛を起こしやすくなります。

以上のようにカルシウムは私たちが健康な生活を送る上で欠かせない働きをしています。

カルシウムパラドックス

カルシウム不足が続くと副甲状腺ホルモンが分泌され、「自分の骨」からカルシウムを溶かし出し、血液中のカルシウム濃度を一定に保とうとします。慢性的にカルシウムが不足すると、常にカルシウムが骨から溶かし出されてしまい、骨はもろくスカスカになります。また、余分に溶かし出されたカルシウムは脳や血管、細胞、軟骨など、通常はカルシウムが存在しないところにまで入り込んでしまい、免疫力の低下、ガン、動脈硬化、認知症などのあらゆる病気や老化の原因となります。

成人男性で必要なカルシウムは1日600mgと言われています。国民栄養調査でもカルシウム不足が目立ち、日本人のカルシウム充足率は約85%と、栄養素の中で最も不足しています。日常生活でカルシウム不足を意識することはあまりないかもしれませんが、身体の不調を感じている方も、感じていない方も、今一度カルシウムというミネラルを基本に、ご自分の体、食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

このasotkがおすすめ