知らなかった歯周病の話

歯周病

雨宮デンタルクリニック院長 雨宮淳

歯周病は、日本人の約80%の方がかかっているとされる身近な病気です。でも、歯周病は末期段階にならないかぎり、自覚症状がほとんどないんです。末期になってからでは、歯を抜くしか方法がなくなってしまいます。自分の大事な歯を抜かなくてすむように、正しく歯周病を予防し、いつまでも丈夫な歯でいられるようにがんばりましょう!

歯周病は歯が溶ける病気です。

歯肉ではなく歯を支える骨が溶けるのが歯周病なのです。多くの患者さんは歯を歯肉で押さえているイメージがあると思っていますが、実は骨で支えているのです。しかし、歯は直接骨についているわけではなく、歯根膜と呼ばれる繊維質が骨と歯をくっつけているのです。初期の歯周病ではまず歯ぐきの炎症、「歯肉炎」が起こります、次に歯肉炎によって広がった歯周ポケットから感染が起こり、歯と骨とをくっつける歯根膜まで炎症を起こしてきます。更に悪化すると、歯周病菌が歯を支えている骨を溶かすので、歯周病がひどくなると歯がグラグラしてくるのです。

歯周病菌は誰にでもいる、常在菌です。

口の中はいつでも汚染されている状態と言えますが、人の身体には歯周病菌からの感染を抑えるメカニズムがあります。それが何らかの原因で崩れた時に人は歯周病にかかるのです。それでは、その原因は何かと言えば、ストレス、喫煙、老化、食事と栄養の問題などが挙げられます。

「口」というのは身体の粘膜の状態が見える数少ない器官です、したがって口内が粘つく、歯ぐきの色が悪い、炎症が起きているなど、口腔内の状態が悪いということは体内の粘膜(内臓含む)にも何らかの不具合が生じている可能性が考えられます。

つまり歯周病にかかると言う事は、身体の免疫力が低下しているのだろうと言う事です。ここに歯周病が全身性の疾患と呼ばれ、他の生活習慣病と並んで記載される理由があります。歯科医が歯周病の予防と治療をするとき、患者さんに対して歯の磨き方を指導するのは、身体の免疫力が落ちたときには口の中の菌の数も増えるので、物理的に菌の数を減らす行為が歯磨きだからです。丁寧な歯磨きで歯肉マッサージをして、血流量を上げると歯肉に栄養素が行き渡り、結果、歯周病治療にも良い効果がでます。身体が弱くなって口腔内の細菌が繁殖しやすい環境になった場合は歯を磨く回数も増やさないといけないし、基礎免疫力を上げるための栄養素にも目を向けないといけません。

プロライン・ウィズ・デンタル

私がおすすめしているサプリメント「プロライン・ウィズ・デンタル」は、炎症そのものを抑える役割と炎症を起こさせる原因となる「活性酸素」を効果的に抑える役割があり、炎症を抑えた結果、血流が正常化され、免疫力を向上させることなどがわかっており、歯周病に高い効果があるという事を治療を通して実感しています。一般的に治療に使われる抗生剤などは、口腔内の常在菌や、大腸菌を大幅に減らしてい、病原菌に対する抵抗力まで落としてしまう事になりかねないので、使用には注意が必要です。炎症の原因となる活性酸素は喫煙・ストレス・咬み合わせ・食生活など様々な原因から過剰に作られてしまいますので、患者さんの生活習慣に注意を払うのも我々の重要な役割です。「歯科」と言いますが、栄養状態、免疫力の差が歯周病治療に大きく影響する以上、歯科医にも身体全体を「診る」ということがこれからの時代は必要になってくるでしょう。

photo credit: Felixe via photopin cc

このasotkがおすすめ