アルツハイマーの予防・治療に朗報!

アルツハイマーの予防・治療に朗報!

大阪大学蛋白質研究所の高木教授のグループは、ドイツのマックスデルブリュック分子医学研究所のWillnow教授らのグループとの共同研究で、sorLA(ソーラ)という脳内のタンパク質が、アルツハイマー病などの原因と考えられているAβペプチドという物質の蓄積を防ぎ、アルツハイマー病にかかるリスクを軽減する役割を持つということを明らかにしました。

これまでの研究では、アルツハイマー病の予防と治療のためには脳内Aβレベルを下げることが有効であると考えられてきましたが、現時点では、まだ有望な薬の開発にはつながっていませんでした。

今回の研究から、私たちの脳の中にはもともとAβペプチドのようなリスクのある物質を自ら処理するためのメカニズムが存在することを明らかになりました。したがって、何らかの方法で脳内のsorLAを増やすことができれば、アルツハイマー病になるリスクを低減することができる可能性があるそうです。

今後さらに研究が進んでいけばアルツハイマー病を予防また治療する薬の開発へと道が開けそうですね。

<参考>
『アルツハイマー病から脳を守る細胞内の「掃除屋」タンパク質を発見!』大阪大学プレスリリース、2014.2.13

photo credit: Liz Henry via photopin cc

このasotkがおすすめ