ダイエットが成功しない理由と私たちが考えるべきこと

ダイエットが成功しない理由と私たちが考えるべきこと

ダイエット、それは多くの人がその人生において一度は挫折する大きな壁といっても過言ではありません。そのダイエットについて、なぜそんなに難しいのか、そして私たちはどうするべきなのか、神経科学者のサンドラ・アーモットがTEDで語っています。

以下にその内容をかいつまんでご紹介します。

ダイエットが難しい理由

体重は、基本的には食べた量とカロリーの消費量で決まりますが、多くの人は、空腹感やカロリーの消費が無意識に脳でコントロールされていることを知りません。実は、あなたにとって適切な体重は、あなたが意識し考えていることとは関係なく、脳が独自に理解しているそうです。これをセットポイントと呼び、人によって4kgから7kgほど幅があるそうです。

サンドラは、生活を変えることによって、この範囲内であれば比較的楽に体重を増減させることが出来ると言います。しかし、これを超えて体重を変化させようとすると、脳の視床下部が「体重を戻せ」という指令を送りあなたの体重を一定に保とうとするそうです。つまり、体重を大きく落とすと、脳はあなたが飢餓状態にあると判断し体重を増やそうとするのです。

また、進化論の観点から見てみると、私たち人間は食べ物が不足していたときにはエネルギーの無駄な消費を抑え、食べ物があるときに体重を増やすことで飢餓に備えてきました。ここから、セットポイントは上がることはあっても下がることは殆ど無いということがわかります。

ダイエットに成功し数年間にわたって体重が落ちた状態であったとしてもセットポイントは下がっていないため、体重が落ちたのは飢餓状態にあるためだと脳は判断し、体重を元に戻すよう常に指令を送り続けます。これに対し、体重が重い状態が数年続くと、脳はそれがあなたの平常体重であると考えてしまいます。リバウンドが起きやすい原因はまさにここにあるのですね。

お腹がすいたら食べ、お腹が満たされたらやめる

では、どうしたらよいのか?サンドラは、食事を意識して食べるように言っています。

身体の発する信号を理解し、空腹の時にこそ食事を摂り、お腹が満たされたらそこでやめるということだそうです。というのも、空腹でない時に食べると、体重が一気に増えてしまうからです。

食事をするときに、食べ始めと終わりで身体がどのように感じているかを考えます。そして、まずは食べたいだけ食べて、自分の体が丁度良いと感じる量をわかるようにします。それができたら、その体がちょうどよいと感じる量で食事を終えるようにしましょう。

食べ物を自制心でコントロールしようとする人は、食べ物の広告や、特大サイズの食べ物、食べ放題などに弱く、「ほんの一口」が食べ過ぎにつながりやすいのです。これに対し、空腹感に反応して食べる人は、太り過ぎになりにくく、食べ物の事を考えている時間が短いという特徴があります。

サンドラは、現実を考れば、もしダイエットが上手くいくのなら皆とっくに痩せているはずで、同じやり方で自分だけいい結果がでると期待するのはおかしいと考えています。

ダイエットは害が無いように思えますが、実際には思わぬダメージを与えますし、摂食障害などになって人生をおかしくしてしまうこともあります。

体重を気にして食事を減らしダイエットすることを考えている人は、空腹のときは食べて良いのだと自分に許可を与えましょう。そして、体が丁度良いと思う量で終わるようにするのです。食べることを恐れるのではなく、食欲に応じて、自然に(適切な量を)食べればより楽しく健康的な人生が送れるとサンドラは結んでいます。

▼詳しくはこちらをご覧ください。▼
Sandra Aamodt, “Why dieting doesn’t usually work” at TEDGlobal 2013 (Filmed Jun 2013)

photo credit: JonathanCohen via photopin cc

このasotkがおすすめ