夏バテとミネラル不足にはご注意を!!

夏バテ

初夏を感じさせる季節となりました。今年も、一年で最も汗をかく季節、そして、一年で最も体の自律神経バランスが崩れる季節がやってきます。夏バテで苦しむ前に、今から対策を始めませんか!?

汗とともに流れ出るミネラル

汗にも種類があるそうですが、この季節によく出る汗の成分には、99%以上を占める水分の他にナトリウム(塩)、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルが含まれています。余談ですが、スポーツをした後の汗がしょっぱいと感じるのはナトリウム以外の成分はごくわずかな量しか含まれていないためです。

この時期、何をしていなくても1日に1~3リットルの汗をかいているそうです。より激しい運動をすると、さらに汗を流しているということになります。

例えば、汗の0.5%がナトリウムだとすると、1日に5~15グラムのナトリウムが流れ出ていることになります。健康状態である日本人に必要な食塩の摂取量は、1日に10グラム未満とされていますが(高血圧の人など状態によって異なります)、このことからも汗をよくかく季節には、水分とともに塩分を補給することが望ましいとされています。

水分しか補給していないとミネラル不足による目眩などの症状が起こりやすくなります。急な脱水症状に対してはミネラル分が含まれている麦茶・スポーツドリンクなどを飲むと良いでしょう。

夏バテとは?

汗をかくことは、暑さから体を守るために体温を保とうとする自然現象です。これはヒトの自律神経による働きです。

この季節、脱水症状の他にもう一つ注意することがあります。それが、自律神経のバランスが崩れる事です。空調設備が整っている現代では、屋内と屋外の急激な気温と湿度の変化に体を曝すことで、自律神経のバランスが崩れやすくなっているのです。

では、自律神経のバランスが崩れるとどのようなことが起きるのでしょうか?

皆さんもご存知の「夏バテ」が起きるのです。そして、この改善と予防には、やはり休養と栄養補給が必要不可欠です。タンパク質、野菜といった食材はもちろん、この時期だからこそミネラル不足にも気をつけたいところです。

予防と改善

普段から心がけていれば、急にミネラル不足になる可能性も低くなります。どのような栄養素でもそうですが、消費された分、補給する必要があります。つまり重要なのは、三食しっかり食べることです。一般的に三食を取っていれば、十分なミネラルをとることができます。

しかし、暑さが厳しくなると食欲も減退し、冷たい蕎麦やうどんのように食べやすい物に偏ってしまう傾向が多く見られます。以下に主なミネラル類と補給に適した食材をご紹介します。

バランス良く毎日の食事に取り入れ、自分に必要な量を、きちんと摂り続けることが、健康への一番の近道です。

夏バテ対策!栄養素

カルシウム

言わずもがな骨形成に必要な栄養素。体内にあるカルシウムの1%は血液中でとても大切な働きをするため、「生命の炎」といわれます。不足すると、骨を溶かしてカルシウムを補うため骨がもろくなります。牛乳・乳製品・魚などから摂取できます。

ナトリウム(塩分)

体液・細胞膜などの細かなバランスキーパー。普段の食事で十分補えます。逆に過剰摂取に注意する必要があります。

カリウム

体内の余分なナトリウムを体外へ排出する作用を持ちます。海藻類・豆類に多く含まれます。

マグネシウム

ナトリウムとカリウムのバランスキーパー。魚介類、玄米、緑黄色野菜、食肉など多くの食材に含まれます。

赤血球のヘモグロビンの中にあり、酸素を体中に運ぶ働きがあります。タンパク質やビタミンCは鉄の体内吸収を促進してくれます。 レバー、ホウレンソウに多く含まれます。

亜鉛

多くの酵素の活性に関与している必須微量ミネラルです。カキ、レバー、牛肉に多く含まれます。

ミネラルは他にもこんなにたくさんあります!!
コバルト・ヨウ素・セレン・クロム・フッ素・マンガン・モリブデン・バナジウム・ニッケルなど。

photo credit: istolethetv via photopin cc

このasotkがおすすめ