そのサプリはリアルガチですか?Part1.サプリメントの正体

昔に比べるとサプリメントを生活の一部に取り入れる方が多くなりました。もちろん、健康維持や美容など摂取する理由は様々かと思いますが、今では年齢や性別に関わらず広く活用されてきているようです。

そんなサプリメントですが、自身が満足しているのであれば言うことはないのですが、それでも、ある程度サプリメントに対する知識を持った上で選択する方が、より満足なものになるのではないでしょうか。

サプリメントの本質を捉えそこねると、逆に身体に害あるものとなってしまう可能性もあります。そこで以下の質問です。

・あなたが使っているサプリメントは本物ですか?
・どんな基準でそのサプリメントを選んでますか?

今回は、わたし達サプリメント屋が、本当のサプリメントを解説します。みなさまの今後のサプリメント選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

1.サプリメントって何?

そもそもサプリメントとは一体何なのでしょうか。

日本にはサプリメントの法的定義は無く、厚労省の規格基準によれば「一般食品」と「保健機能食品」のそれぞれ一部に帰属される「食品」として存在しています。形態としては、打錠、粉末、カプセルが大半を占めています。

名前の由来通り、不足がちな栄養素を補うための補助食品として扱われる一方、副作用を伴わずに特定の効果を発揮する、まるで魔法の「医薬品」のような存在として扱う方、また、それを強く望む方が増えているように思います。

そして、補助食品としてであれ、医薬品の代替品としてであれ、実感のできる「効果」がなければ、それは信用出来ないサプリメントになってしまうという現状もあります。

しかし、サプリメントはどこまでいっても「食品」です。

医薬品との間には大きな違いがあり、また、法的に越えてはならない大きな制約も存在しています。実は、医薬品と同じ効果をサプリメントに望むのは、非常にナンセンスなことなのです。

身体は、「食品」から栄養素を摂取することで作られます。サプリメントは、その点に特化した、言わば食べ物の代替品として考えるのが適切といえます。

2.効果ってあるの?

最近CMでこんな宣伝文句を聞きます。

「サプリメントだと思ってました。〇〇は医薬品。だから効くんだ!!」

サプリメントに対する皮肉を感じる表現ですが、実際に世間の感覚として、サプリメントと医薬品を同列で考えているからこそ出てくる言葉なのかもしれません。

医薬品業界が販売する錠剤やドリンク剤は、特に販売における制限が無い(すなわち、説明義務がなく店頭販売が可能)第3類医薬品になりますが、これに対する競合商品として、一部機能性を認可されたサプリメント群が2015年から続々と世に出てきています。そのため、副作用ありきの医薬品との差を改めて認知させるべく、効果面を強く推した表現を用いるのはごく自然な成り行きなのかもしれません。

しかし、そもそもサプリメントは「食品」であるため、医薬品と同じレベルの効果を求めるのは見当違いと言えます。医薬品の効果と食品の効果は、全く違うベクトルにあるはずなのです。

美味しさ、充足感など食品には特有の効果がありますが、それを除外した機能的な効果においても、医薬品と食品には決定的な違いがあります。

医薬品は「壊れた身体を治す」もので、食品は「新しく身体を作る」ものです。

よもや医薬品でも身体は作られると考えているヒトはいないでしょうが・・・。

本来、どちらが優れていて、どちらが劣っているというのはありません。全く別の方向性をもっている二つを比べるのはおかしな話ですよね?どちらも私たちには必要であり、うまく活用するのが賢い考え方だと思います。

サプリメントは、身体を作るために必要なものを摂取しにくい状況にある方でも摂取しやすいような形態を持っている食品として考えて頂くのが良いかと思います。

ただ、悲しいかな、怪しいサプリメントや、サプリメントという名を冠した医薬品のようなものが世に溢れているのも事実です。多様なものだからこそ「まがい物」も存在しています。

では、そんなまがい物を出来るだけ掴まないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?

サプリメント選びの判断基準について、次回「そのサプリはリアルガチですか? Part.2失敗しないための3つのポイント」で詳しくお話したいと思います。

このasotkがおすすめ