まだ間に合う!夏を乗り切る体づくり!

Subtitle

まだ間に合う!夏を乗り切る体づくり! ?プロテイン活用法?

今年も薄着の季節がやって参りました!

冬に溜め込んだお肉、お腹周りの浮き輪をどうにかして落としたい。毎年のことながら悩みますね。夏は露出も多くなるので、たるんだ二の腕なんか見せたくありません。出来れば見栄えの良い体型になりたいのが人というものです。

つくばアソティック・フーズは、出来る限り夏を楽しみ、健康的に夏を乗り切るための効果的なご提案をさせて頂いております。

プロテインを使って、効率よくかつ健康的に余分な「お肉」を落とし、魅力的なボディーを手に入れよう!

プロテインは必要不可欠

よくヒトの体は70%ほどが水分であると耳にしますが、残りは一体何かご存知ですか?残りの30%は、タンパク質、糖類、脂質、ミネラルと言われますが、その半分15%がタンパク質、つまりプロテインなのです。水に次いで細胞内に多く含まれるタンパク質、とにかく「重要な栄養素」というのが理解できます。

プロテインは必要不可欠
体作り?筋肉と基礎代謝

体作り?筋肉と基礎代謝

生きているだけで日々消費するエネルギーを基礎代謝といいます。何もしないで勝手に消費する訳ですから、この値を大きくすることで太りにくい体が手に入ります。そのために必要なのが「筋肉」です。筋肉量を増やし体脂肪を減らすことが、外面的な体作りの基本です。どんなに面倒くさくても、辛くても、運動が必要不可欠と分かります。

タンパク質は筋肉のお供

体の中では、常に筋肉は合成されると同時に分解されています。その中で筋肉を増やすためにはどうすれば良いでしょうか?キーワードはタンパク質です。筋肉の合成には、材料となるタンパク質をしっかりと補給し、その材料で筋肉を作りなさいという指示(つまり運動)をすること、この二つが必要です。

タンパク質は筋肉のお供
タンパク質の機能(タンパク質万能説)

タンパク質の機能(タンパク質万能説)

タンパク質は筋肉や皮膚などの構成物としてのイメージが強いですが、血中に存在し私たちの体に新鮮な酸素を運び届けるヘモグロビンや体の様々な機能を調整するホルモンなどにも部分的にタンパク質が活用されています。生きていく上で必要なエネルギーをつくるために人の体内で常に無数の代謝を行っていますが、その補助をする代謝酵素もタンパク質です。健康的な体を作る上で、タンパク質は欠かせません。

プロテインの選び方

タンパク質は摂取されるとアミノ酸に分解され、体内の至る所で無数の種類のタンパク質へと再合成されます。たった20種類のアミノ酸によって幾多のタンパク質へと合成されるのですから驚きです。タンパク合成が速やかに行われる条件は、アミノ酸の量が十分であること、20種類ともバランスよく存在していることです。そのバランスの指標となるのがプロテインスコアで、アミノ酸スコアよりも厳格なスコアです。このスコアが100に近いほど優れたアミノ酸バランスを有しています。

プロテインの選び方(アミノ酸バランス)
プロテイン活用法

プロテイン活用法

筋トレ後にプロテインを摂取される方が多いかと思いますが、食事に組み込むことで1日の摂取カロリーを減らし、また、タンパク質の合成を促すことが出来ます。その際には、大豆タンパク由来のプロテイン製品をお勧めします。その理由は、ホエイプロテインに比べ大豆プロテインの方が吸収が緩やかである点です。また、ボディービルダーを目指す訳ではないので、大きい筋肉を作らないという点もあります。3食のうち1食をプロテインに置き換えてみましょう。

体脂肪を減らす

プロテインを摂るだけで、筋肉がつくと思ったら大間違いです。ただ太るだけです。前述の通り、筋肉合成のトリガーは材料と指示です。筋肉を作れという指示、つまり運動はさけて通れません。その運動も、出来る限り有酸素運動を組み込みましょう。有酸素運動のエネルギーは体に溜まった脂肪です。時間がかかる運動ですが、ただ痩せるのではなく、体脂肪を落とすという視点を持つことが夏を乗り切る体作りへの近道です。

体脂肪を減らす
TOP