カテゴリー

Category

歯周病をまねく生活習慣は幸福度が低い

30歳~50歳の男女1,355人に対し、歯周病をまねく生活習慣10項目についてアンケート調査を行い、歯周病のリスクを分類したところ、「自分が幸せだと思う」と答えた人の割合は、歯周病リスクが低い人の方が高い人よりも13%ほど高かったそうです。 また、「ストレスがたまっている」「疲れを感じている」と答えた人の割合については、歯周病リスクが低い人は、全体平均よりも20%ほど低く... 続きを読む »

歯周病予防のカギは抗酸化物質

歯周病を悪化させる原因がTNF-α(腫瘍壊死因子)。 肥満体の人の脂肪細胞からは、たくさんのTNF-αが分泌されており、TNF-αが増えると歯周病のみならず、ありとあらゆる感染症を引き起こす可能性が高くなるそうです。 TNF-αと戦うために摂取を推奨されているのが、ビタミンE、ビタミンC、ポリフェノールなどの抗酸化力の高い栄養素。記事ではおすすめレシピ「豚肉と高菜の... 続きを読む »

「インプラント周囲炎」ご存知ですか?

インプラントは歯が抜けてしまった部分に人工歯根を埋め込む治療法ですが、インプラント手術を受ける患者さんが増えるにつれ、インプラント周囲炎という問題が取り上げられるようになりました。 埋入したインプラントを良好に維持するためには元々の自分の歯と同様、毎日のメンテナンスが欠かせません。メンテナンスを怠ったり、生活習慣病が悪化したりするとインプラント周囲炎を引き起こす恐れがあり... 続きを読む »

知らなかった歯周病の話

歯周病

雨宮デンタルクリニック院長 雨宮淳 歯周病は、日本人の約80%の方がかかっているとされる身近な病気です。でも、歯周病は末期段階にならないかぎり、自覚症状がほとんどないんです。末期になってからでは、歯を抜くしか方法がなくなってしまいます。自分の大事な歯を抜かなくてすむように、正しく歯周病を予防し、いつまでも丈夫な歯でいられるようにがんばりましょう! 歯周病は歯が溶ける... 続きを読む »

疲れ目に効く食べ物

からだ一番の働き者「目」

人間は五感を働かせて外界の情報を得ていますが、中でも視覚から得られる情報は最も多く、情報の80%を目から得ていると言われています。目は疲労しやすい器官で、その機能を維持する為にエネルギー代謝が活発に行われており、多くの栄養素を消費しています。人が起きているだけでも目は働いている状態なのですが、それに加えて、私たちはパソコン、テレビゲーム、偏食、老眼、睡眠不足、喫煙、ストレスなど... 続きを読む »

老眼と老眼鏡~眼科医が解説~

老眼と老眼鏡~眼科医が解説~

40歳代になると日常生活の中で「こんなはずではなかった」と感じることが、肉体的にも、思考力、記憶力にも起こってくるものです。目の調節力も減弱し、新聞や本を読む近見視力も落ちてきます。さらに、水晶体の透明度もゆっくり悪くなり、眼底には高血圧の血管変化や糖尿病に起因する網膜出血などもみかけるようになってきます。 近くを見る視力の減弱(老視)と眼鏡について、眼科の先生の説明をご... 続きを読む »

飛蚊症の原因

目の前に蚊が飛んでいる感じで、払っても払ってもなくならない飛蚊症(ひぶんしょう)。 飛蚊症とは 目にはいろいろの道具が揃っておりますが、一番大きな体積をもっているのが硝子体というピンポン球大の袋です。水晶体以外みなぺろぺろの膜様のものです。袋の中は、ゼリー状で、顕微鏡でみますと、その中に細かい繊維が網目状にあります。ゼリーは蛋白質と水分ですね。 それらの成分が... 続きを読む »

歯医者さんに聞く「虫歯の原因と予防法」

歯医者さんに聞く「虫歯の原因と予防法」

「歯を磨いているのに虫歯になってしまう」「歯なんて全然磨かないけど、虫歯にはならない」「歯医者で治してもまた虫歯ができてしまう」など納得のいかないことが多いと思いませんか?今回は、虫歯の原因と予防法について歯医者さんにお伺いしました。 虫歯になる原因 虫歯は歯に穴があくものですが、メカニズムは「食べ物と虫歯菌が出会うと酸ができ、これが歯を溶かす」のです。(さらに難し... 続きを読む »

正しい点眼薬の使い方と洗眼の方法

正しい点眼薬の使い方と洗眼の方法

今回は、正しい点眼薬の使い方と洗眼の方法についてご紹介します。 点眼薬 まず、点眼の一回量についてですが、一滴で十分です。それ以上入れても、実はみんな出てしまうからです。 薬が結膜嚢に滞留している時間はほんのしばらくですが、それぞれ吸収され働く時間は内服薬と同じように、薬によって違ってきます。1日1回で約24時間効いているのもあれば5~6回ささねばならないのも... 続きを読む »

長時間パソコンに向かう人は要注意!VDT症候群

長時間パソコンに向かう人は要注意!VDT症候群

VDTとはVisual Display Terminalの略です。パソコンやワープロなどがそれに当たります。VDTの映像は光がチラチラし、長時間向かい合っていると非常に目が疲れてしまいます。 本来、人間の視覚は情報の受け入れ機関としての働きをしていて、人は自分の意思で自由に見たいものを見、見たくないものは目をそらしています。次々に動いていくアクティブな画面の中で文字を追う... 続きを読む »

スマホ依存で急増するドライアイ

ドライアイ

ドライアイという言葉はすでにかなり浸透しているのではないでしょうか。眼乾燥症、乏涙症などともいわれるドライアイは、特にスマホに向かう時間が長い人には、注意しておきたい病気です。ドライアイの症状、治療法、予防法について知っておきましょう。 ドライアイって? 眼は、つぶっている時は皮膚に被われていますが、開けている時は粘膜がそのまま露出しています。 人間の身体は精密に... 続きを読む »

驚異的な作業を瞬時に行う「眼」の構造

目・眼

内臓については比較的よく知っていても、眼の構造については意外と知らない人が多いのではないでしょうか。毎日見ている当たり前の風景は、複雑な構造を持つ眼の驚異的な協同作業のおかげなのです。 身体はどの器官でも複雑にこみいってはいますが、眼はただ見るという一つの仕事の為に、驚異的な協同作業をしています。朝、目を覚まします。窓に映る景色、夕べのままの部屋の中。距離に差があります。... 続きを読む »

TOP